2013年5月13日 « トップへ » 2013年5月15日

2013年5月14日

歯周病の進行具合と治療方法

歯周病の進行具合と治療方法軽度歯周病
〈症状〉
・歯肉に軽い炎症が起き、歯肉の腫れや出血が見られる段階
・歯周ポケットに歯石やプラーク(歯垢)が付着し、細菌が繁殖
・この段階では自覚症状が出にくいため、気づきにくい

〈治療〉
・専門的なブラッシング指導
・歯科衛生士による数回のクリーニング

歯周病の進行具合と治療方法中等度歯周病
〈症状〉
・歯ぐきの骨が後退しはじめ、歯のグラつきを感じる段階
・出血や口臭が目立つ
・歯石が多く見られる

〈治療〉
・痛みのある場合、麻酔をしてスケーリング等の施術
・歯石の除去(進行具合により、外科手術による除去も)

歯周病の進行具合と治療方法重度歯周病
〈症状〉
・歯肉が化膿し、真っ赤に腫れている状態
・歯を支える骨が破壊されて、後退している
・歯がグラグラする

〈治療〉
・歯周外科治療

【予防歯科】虫歯・歯周病から歯を守るために

虫歯も、歯周病も、悪化してしまうと、完全に元通りにすることが難しい症状と言えます。痛みもありますし、治療するために時間も治療費もかかってしまうものですよね。

【予防歯科】虫歯・歯周病から歯を守るために

「虫歯や歯周病になってから治療をするのではなく、健康な歯や口を維持していく」という考え方から生まれたのが予防歯科です。

毎日の正しいブラッシングと、定期的に歯科医院で受ける診断とクリーニングによって、ほとんどの虫歯・歯周病は防ぐことができます。ぜひごいっしょに健康なお口を守っていきましょう。

【当院の予防歯科の特徴1】担当衛生士が継続してケアを行います

【当院の予防歯科の特徴】担当衛生士が継続してケアを行います●当院は"担当衛生士制"を導入しています
治療が終わってもお口のケアは継続して行う必要があります。

当院では、毎回、同じ歯科衛生士が患者さまの担当となって、継続的に検診メニューを行わせていただきますので、「毎回新しい人が担当なのは嫌だ」「毎回同じことを説明するのは面倒だ」という方も安心です。

どんなことでもお気軽に、担当衛生士へご相談ください。

●治療における"担当衛生士制"のメリットとは?
当院の衛生士は、治療した箇所はもちろん、患者さま一人ひとりの磨き残しやすい箇所、虫歯になりやすい箇所を把握しています。ですから一人ひとりに合わせた効果的な検診メニューを行うことができ、健康な口内を維持することが可能なのです。

【当院の予防歯科の特徴2】お口の状態について詳しく診断します

お口の状態について詳しく診断します●毎回、お口の中をしっかり診断
当院では健診のたびに、患者さまの口内状態をチェックして、具体的に説明させていただきます。

患者さま自身では気付きにくい「前回より良くなったところ」「悪くなっているところ」を具体的に指摘いたします。

特に"良いところ"は患者さま自身なかなか実感できないものですから、プロである衛生士がしっかりチェックし、「ここのブラッシングがとても上手にできていますね。その調子で頑張ってください!」など声をかけさせて頂きます。

患者さまからは「わかりやすい!」と言っていただけることも多いですね。


 

【当院の予防歯科の特徴3】プロが行う検診メニュー

PMTCプロが行う検診メニュー

●虫歯・歯周病を予防
●お口の中をリフレッシュ
●歯みがきでは落とせない汚れを除去

歯科衛生士や歯科スタッフが、専用の器具を用いて行う歯のクリーニングがPMTC(professional mechanical tooth cleaning)です。

普段のブラッシングでは落としきれない歯の表面の細菌膜(バイオフィルム)や、歯と歯のすき間の汚れを取り除くことができます。毎日の正しいブラッシングに合わせて、2~3か月に1度、歯科医院でPMTCを受けることで、お口の中を健康に保つことができます。


SRP(スケーリング・ルートプレーニング)プロが行う検診メニュー

●歯垢・歯石を取り除く
●初期の歯周病治療にも有効

SRP(スケーリング・ルートプレーニング)は、歯肉や歯周ポケットにできた歯石を取り除く施術法のひとつです。歯に歯石ができてしまうと、歯石の上に歯垢が付きしやすくなるため、虫歯や歯周病へのリスクが高まってしまいます。

SRPの施術では、ハンドスケーラーや、超音波スケーラーなどを使用して歯石をしっかり除去していきます。歯石は再付着してしまうものですので、3~6か月に1回目安に受けていただくと効果的です。


ブラッシング指導プロが行う検診メニュー

●一人ひとりに合わせたブラッシング法
最適なブラッシング法は、お口の状態や歯並びによって、人それぞれちがうものです。きちんと磨いているつもりでも、染め出し液を用いて検査すると、磨けていない部分が多く、驚かれる方も多いですね。

患者さまに合うブラッシング法に合わせて、歯ブラシや歯間ブラシなどをご案内させていただくこともできますので、ぜひブラッシング指導をお受けいただければと思います。

【審美歯科とは?】白く輝く、美しい歯をつくる治療

【審美歯科とは?】白く輝く、美しい歯をつくる治療

「白くてキレイな歯になりたい」「歯に自信を持って、笑顔にも自信を持ちたい」そういった願いを実現するのが、審美歯科治療です。

当院では、食事でしっかり噛める機能性も守りながら、歯の白さや、歯の形など見た目の美しさを整える治療を行わせていただきます。

信頼できる技工所との連携

信頼をおける技工所との連携●詰め物・被せ物を作る歯科医のパートナー"技工所"
審美歯科治療では、治療で使用する詰め物や被せ物などの精度がとても重要になります。そういった技工物(詰め物・被せ物など)をつくる技工所との連携が、美しい歯をつくるためのポイントです。

当院では、長い信頼関係のある技工所に依頼しているため、治療して終わりではなく、修理・メンテナンスにも対応してもらえるというメリットがあります。

当院の審美歯科メニュー

当院の審美歯科メニュー【オールセラミック】透明感があり、耐久性にも優れる

<オールセラミックのメリット>
・自然な色合い
・耐久性に優れる
・歯ぐきの変色や金属サビの心配がない
・金属アレルギーの方でも安心

<オールセラミックのデメリット>
・費用が高い

セラミック素材(陶器)でできている人工歯が、オールセラミックです。周囲の歯に合わせた色合いで作ることができ、ご自分の歯のように自然な透明感を再現することができます。すべてがセラミック素材ですので、金属アレルギーがある方でも安心してお使いいただけます。

当院の審美歯科メニュー【メタルボンド】自然な美しさを再現でき、強度も高い

<メタルボンドのメリット>
・土台が金属なため、耐久性が高い
・変色が少なく、汚れが付きにくい

<メタルボンドのデメリット>
・金属アレルギーのある人には向かない
・オールセラミックよりは、透明感が落ちる

歯の土台となる部分が金属を、セラミックで覆った人工歯がメタルボンドです。金属を用いているため強度が高く、セラミックにより自然な歯の色合いを再現できることが特徴。オールセラミックと比較すると耐久性があり、治療費を抑えられますが、金属アレルギーがある方には向かない治療法です。

歯を削らずに白くする【ホワイトニング】

歯を削らずに白くする【ホワイトニング】●削らずに歯を白くできます
黄ばみや変色を歯を削らずに白くするのがホワイトニングです。歯の黄ばみが気になる方やもっと歯を白くしたい方におすすめしています。

通常、専用のジェルを歯に塗ることによって、歯を漂白していきます。ホワイトニング用のジェルは、口腔内の消毒を目的として開発されていたものですので、安心してご利用いただけます。

当院ではホワイトニングは女性ドクターをはじめ、女性スタッフが行いますので、歯の着色が気になる方はお気軽にご相談ください。

ホワイトニングで効果が期待できる方

ホワイトニングで効果が期待できる方●加齢による黄ばみ
年齢とともに歯の表面が摩耗してくるものですが、摩耗することで、象牙質部分の厚みが増すことにより歯が黄ばんできます。また、加齢によって黄ばみが濃くなることもあります。

●食べ物による黄ばみ
歯に色のつきやすい飲食物・嗜好品として、お茶、コーヒー、醤油、タバコなどが代表的です。こういったものを摂り続けることで、黄ばみの原因となることがあります。

●遺伝による黄ばみ
遺伝的な原因により、歯が黄ばんでしまう方もいらっしゃいます。

上記のような場合、ホワイトニングで歯を白くすることができますので、ぜひご利用いただければと願っております。

※ご希望なさってもホワイトニングに向いていない方もいらっしゃいますので、まずはご相談ください。

ご自宅で好きな時間にできるホームホワイトニング

ご自宅で好きな時間にできるホームホワイトニング当院では、ご自宅で行っていただくホームホワイトニングをおすすめしています。

●ご自宅でお気軽にできます
歯科医院で歯並びに合わせてカスタムトレーを作成し、ご自宅でトレ―の中にジェル剤を入れて装着していただく方法です。

歯のクリーニング後に型をとり、トレー作成後にスタートします。通常、2週間ほどで歯が白くなります。ご自宅でお好きな時間にご自分のペースで行っていただくことができるホワイトニングです。

【一般歯科・小児歯科】痛くない、負担をかけない治療を心がけています

「虫歯治療がキライ」「歯を削られるのが怖くて、なかなか歯医者に行けない」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般歯科・小児歯科】痛くない、負担をかけない治療を心がけています

そんな人のために、当院では"痛くない、患者さまに負担をかけない治療"を心がけております。

歯医者が苦手なお子さんでも、小児歯科講座出身の院長が丁寧に治療を行わせていただきますのでご安心ください。虫歯は放置するほど進行してしまうものですので、できるだけ早めに治療に来ていただければと願っております。

【当院の無痛治療1】痛みを和らげる麻酔の工夫

当院では、治療中の痛みをできるだけ抑えるため、さまざまな麻酔を使用しています。

【当院の無痛治療1】痛みを和らげる麻酔の工夫表面麻酔

●歯ぐきに塗るタイプの麻酔
●麻酔注射の痛みを抑えられる

「歯医者の麻酔注射が苦手」だから、なかなか虫歯の治療に行けない・・・という方もいらっしゃるかと思います。当院では、歯ぐきに塗ることで、麻酔注射の痛みを和らげる"表面麻酔"を行っています。表面麻酔には全く痛みはありませんので、ご安心ください。

電動麻酔

●最も細い注射針を使用
●ゆっくりと麻酔液を注入

表面麻酔に加えて、麻酔注射の痛みを減らすために、麻酔液の注入は電動注射器を用いています。麻酔注入時の痛みは、液を注入するときの急激な圧力の変化によっておこります。電動麻酔の場合、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができますので、より麻酔の痛みが少なくなります。

【当院の無痛治療2】なるべく抜かない・削らない治療

【当院の無痛治療2】なるべく抜かない・削らない治療ミニマルインターベンション治療を採用

●虫歯をピンポイントで削り取る治療
当院では、歯の悪い箇所だけを削り取る治療「ミニマルインターベンション=MI治療(Minimal Intervention)」を行っております。

以前の歯科医療では、虫歯の再発防止のためや、金属の詰め物・被せ物をしっかりとはめ込むために、感染していない健康な歯の部分も余分に削ることがありました。虫歯菌の感染が神経の近くまでいっている場合には、神経を取ってしまうことも。神経を失うと歯はもろくなってしまい、歯の寿命が短くなってしまうのです。

なるべく抜かない・削らない治療ができる理由

治療中に拡大鏡という装置を使うことで、患部を肉眼の2倍~10倍の大きさに拡大して見ながら治療をするので、虫歯になっている箇所をピンポイントで削ることが可能なのです。

また、詰め物・被せ物の素材や接着剤も進歩した質の良いものを使っていますので、余分に削る必要もなく治療を行うことができます。

●なるべく抜かない・削らない治療ができる理由
・拡大鏡を使用することで虫歯だけをピンポイントに削ることができる
・質の良い材料で詰め物・被せ物を作るので、余分に削る必要がない


【薬剤で虫歯の進行を止める】3Mix法

●削らずに虫歯の進行をストップ
薬剤を用いて虫歯菌を殺菌することで、虫歯の進行を止める治療方法が3Mix法です。初期の虫歯であれば、3Mix法による殺菌で進行をストップさせることができ、予防ケアをしっかり行うことで、歯の自癒作用(再石灰化)を促すことも可能です。

【当院の小児歯科1】お子さんは「痛い」から泣くのではありません

【当院の小児歯科1】お子さんは「痛い」から泣くのではありません●お子さんが泣くのは「不安」だからです
初めて会う歯医者さんに、いきなり虫歯の治療をされるのは怖いものですよね。当院では、お子さんが不安にならないように、声をかけながら少しずつ治療に慣れてもらうようにしています。

●数多くのお子さんを診てきた当院の院長
当院の院長は、現在まで数多くのお子さんの治療を行なってきました。ですから、お子さんが不安にならないような声のかけ方、治療の手順を熟知しています。不安が取り除かれれば、麻酔がなくても泣かないお子さんも多いものです。

【当院の小児歯科2】親御さんとの信頼関係も大切

【当院の小児歯科2】親御さんとの信頼関係も大切●お子さんは親御さんの信頼する医師に心を開きます
お子さんのペースで治療することも大切ですが、親御さんとの信頼関係がお子さんの安心感にもつながるもの。当院では、治療前に親御さんにしっかりと説明させていただくことを大切にしています。

お子さんがひとりで不安がらないように、診療中は親御さんも診療室に入っていただき、見守ってあげてください。

【当院の小児歯科3】ラバーダム使用で安心安全の治療

【当院の小児歯科3】ラバーダム使用で安心安全の治療●お子さんの治療にはラバーダムを使用します
お子さんの治療の際には、医療器具「ラバーダム」を使用します。ラバーダムは、ゴムのマスクで治療をする歯をおおい、患部へ唾液や細菌が進入するのを防ぐ器具です。

感染だけでなく、薬剤や鋭い治療器具から粘膜や舌を保護することもできるため、安心安全な治療ができます。

●ラバーダム使用のメリット
・口の中や舌を傷つけるリスクを下げられます
・薬や歯の削りカスを飲み込む恐れがありません
・お子さんの視点では、ラバーダムの"向こう側"で治療されている感覚なので恐怖心が薄れます

歯科医はお口のコンサルタント

当院では、治療に入る前のカウンセリングを大切にしています。

歯科医はお口のコンサルタント

●専門家の立場で、いくつかの治療法をご提案します
当院では、一方的に治療方法を決めてしまうのではなく、患者さまのお話をじっくりお聞きしながら、一人一人のお悩みやニーズにお答えできるよう、いくつかの治療法を提案し、選んでもらうようにしています。もちろん、ご予算、治療期間なども考慮させていただきながら。

治療の選択権は治療を受ける患者さまにあります。医師は、歯科医療の専門家という立場で提案するコンサルタント。対等な立場でお気軽にお話いただければと思います。

"継続的"に健康な口腔内の環境づくりを

継続的に健康な口内環境づくりを●虫歯や歯周病は「治して終わり」の治療ではありません
虫歯や歯周病を治して終わりではなく、健康な状態を維持していくことが大切です。

当院では、虫歯や歯周病が再発しないためにも、患者さまの将来を見据えた治療を行わせていただきます。長い人生の中、お口の健康を保っていくためには、医師と患者さまの協力が必須です。

不安や不満・疑問がないようにしっかりと説明させていただきますので、ご遠慮なくご質問ください。

レントゲン画像・口腔内写真による「見てわかる!」診断

口腔内カメラを使って「見てわかる!」診断●お口の変化をご自分で見ることができます
歯石、虫歯治療を行う際には、初診時にレントゲン画像や口腔内写真を撮影して患者さまに見ていただきます。

治療を受ける中で、どのように口腔内が変化していくかを見ていただくことが、納得いただける治療につながると思っていますから。

普段、ご自分のお口の中を大きなモニターで見る機会は、なかなかありませんよね。自分では気づいていないお口の中の汚れを見て驚かれる方も多くいらっしゃいます。

まずは自分自身のお口の状態を把握していただき、きれいなお口を目指しましょう。


2013年5月13日 « トップへ » 2013年5月15日


PAGE TOP