トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 【進行してしまった歯周病の治療】外科治療

【進行してしまった歯周病の治療】外科治療

外科治療イニシャルプレパレーションだけでは、改善できない重度の歯周病の場合、歯周外科治療を行うこともできます。

注意していただきたいのが、進行してしまった歯周病の場合、外科手術が終わっても治療が完了ではないという点です。引き続き、イニシャルプレパレーションにより、口腔内の環境を改善・維持するようにしましょう。

フラップ法

歯肉(歯ぐき)を切ることで歯槽骨から離し、露出した歯根に付いている歯石やプラークや歯石を取り除く治療法がフラップ法です。進行度に合わせて、歯槽骨のクリ―ニングや、ダメージを受けた歯肉組織の除去などを行うケースもあります。


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 歯周病治療 » 【進行してしまった歯周病の治療】外科治療


PAGE TOP