トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科・小児歯科

【一般歯科・小児歯科】痛くない、負担をかけない治療を心がけています

「虫歯治療がキライ」「歯を削られるのが怖くて、なかなか歯医者に行けない」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

一般歯科・小児歯科】痛くない、負担をかけない治療を心がけています

そんな人のために、当院では"痛くない、患者さまに負担をかけない治療"を心がけております。

歯医者が苦手なお子さんでも、小児歯科講座出身の院長が丁寧に治療を行わせていただきますのでご安心ください。虫歯は放置するほど進行してしまうものですので、できるだけ早めに治療に来ていただければと願っております。

【当院の無痛治療1】痛みを和らげる麻酔の工夫

当院では、治療中の痛みをできるだけ抑えるため、さまざまな麻酔を使用しています。

【当院の無痛治療1】痛みを和らげる麻酔の工夫表面麻酔

●歯ぐきに塗るタイプの麻酔
●麻酔注射の痛みを抑えられる

「歯医者の麻酔注射が苦手」だから、なかなか虫歯の治療に行けない・・・という方もいらっしゃるかと思います。当院では、歯ぐきに塗ることで、麻酔注射の痛みを和らげる"表面麻酔"を行っています。表面麻酔には全く痛みはありませんので、ご安心ください。

電動麻酔

●最も細い注射針を使用
●ゆっくりと麻酔液を注入

表面麻酔に加えて、麻酔注射の痛みを減らすために、麻酔液の注入は電動注射器を用いています。麻酔注入時の痛みは、液を注入するときの急激な圧力の変化によっておこります。電動麻酔の場合、コンピュータ制御で麻酔液をゆっくりと一定の速度で注入することができますので、より麻酔の痛みが少なくなります。

【当院の無痛治療2】なるべく抜かない・削らない治療

【当院の無痛治療2】なるべく抜かない・削らない治療ミニマルインターベンション治療を採用

●虫歯をピンポイントで削り取る治療
当院では、歯の悪い箇所だけを削り取る治療「ミニマルインターベンション=MI治療(Minimal Intervention)」を行っております。

以前の歯科医療では、虫歯の再発防止のためや、金属の詰め物・被せ物をしっかりとはめ込むために、感染していない健康な歯の部分も余分に削ることがありました。虫歯菌の感染が神経の近くまでいっている場合には、神経を取ってしまうことも。神経を失うと歯はもろくなってしまい、歯の寿命が短くなってしまうのです。

なるべく抜かない・削らない治療ができる理由

治療中に拡大鏡という装置を使うことで、患部を肉眼の2倍~10倍の大きさに拡大して見ながら治療をするので、虫歯になっている箇所をピンポイントで削ることが可能なのです。

また、詰め物・被せ物の素材や接着剤も進歩した質の良いものを使っていますので、余分に削る必要もなく治療を行うことができます。

●なるべく抜かない・削らない治療ができる理由
・拡大鏡を使用することで虫歯だけをピンポイントに削ることができる
・質の良い材料で詰め物・被せ物を作るので、余分に削る必要がない


【薬剤で虫歯の進行を止める】3Mix法

●削らずに虫歯の進行をストップ
薬剤を用いて虫歯菌を殺菌することで、虫歯の進行を止める治療方法が3Mix法です。初期の虫歯であれば、3Mix法による殺菌で進行をストップさせることができ、予防ケアをしっかり行うことで、歯の自癒作用(再石灰化)を促すことも可能です。

【当院の小児歯科1】お子さんは「痛い」から泣くのではありません

【当院の小児歯科1】お子さんは「痛い」から泣くのではありません●お子さんが泣くのは「不安」だからです
初めて会う歯医者さんに、いきなり虫歯の治療をされるのは怖いものですよね。当院では、お子さんが不安にならないように、声をかけながら少しずつ治療に慣れてもらうようにしています。

●数多くのお子さんを診てきた当院の院長
当院の院長は、現在まで数多くのお子さんの治療を行なってきました。ですから、お子さんが不安にならないような声のかけ方、治療の手順を熟知しています。不安が取り除かれれば、麻酔がなくても泣かないお子さんも多いものです。

【当院の小児歯科2】親御さんとの信頼関係も大切

【当院の小児歯科2】親御さんとの信頼関係も大切●お子さんは親御さんの信頼する医師に心を開きます
お子さんのペースで治療することも大切ですが、親御さんとの信頼関係がお子さんの安心感にもつながるもの。当院では、治療前に親御さんにしっかりと説明させていただくことを大切にしています。

お子さんがひとりで不安がらないように、診療中は親御さんも診療室に入っていただき、見守ってあげてください。

【当院の小児歯科3】ラバーダム使用で安心安全の治療

【当院の小児歯科3】ラバーダム使用で安心安全の治療●お子さんの治療にはラバーダムを使用します
お子さんの治療の際には、医療器具「ラバーダム」を使用します。ラバーダムは、ゴムのマスクで治療をする歯をおおい、患部へ唾液や細菌が進入するのを防ぐ器具です。

感染だけでなく、薬剤や鋭い治療器具から粘膜や舌を保護することもできるため、安心安全な治療ができます。

●ラバーダム使用のメリット
・口の中や舌を傷つけるリスクを下げられます
・薬や歯の削りカスを飲み込む恐れがありません
・お子さんの視点では、ラバーダムの"向こう側"で治療されている感覚なので恐怖心が薄れます


トップへ » 当院が選ばれる6つの理由 » 一般歯科・小児歯科


PAGE TOP